RADWIMPS / 絶体絶命

zettaizetsumei.jpg
6th、2011年、日本
ミクスチャー / ポップ・ロック

良くも悪くも有名バンドの6枚目。
まず最初に断っておくと、僕はこのバンド、結構好きでし「た」。
初期の英詞・ラップを取り入れたラウドでキャッチーなミクスチャーサウンドは好きなんだけど、「RADWIMPS 4」以降、(私は勝手に「悟りを開いた」と表現してますが、)めっきりそういう曲は減り、ちょっと「病んだ」曲や「世界観の押し付け」みたいな曲がどんどん増えてきました。
このアルバムもそんな時期のものですね。

とはいえ、ほぼ全体を占める日本語の詞の言葉遊び的要素は嫌いではないし、メロディも決して悪いものじゃありません。
このバンドは変わってしまったと割りきってしまえば別にいいのかもしれません。



このアルバムの中だったらこれが一番かな。

80/100
スポンサーサイト
Theme: 音楽 - Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する