タイプライター&YMG / LA LA PALOOZA

lalapalooza.jpg
1st、2017年、日本
ヒップ・ホップ



<アルバムについて>
”第一線で活躍している最重要ラッパー達が、世代とジャンルを越えて集結。タイプライター&YMGだから出来た2度と実現不可能なこのメンツ。これを聴けばJ-HIPHOPの今が解る!iTunesチャートを独走した "Let me Know feat. AK-69 & KOHH" も収録。”

2017年の邦ヒップホップ地図
メンツがすげえんだよな。うん。
MACCHO
SEEDA
T-PABLOW
般若
SUIKEN
SIMON
RINO LATINA II
GAZZILA
J-REXXX
KOHH
ISH-ONE
GOKU GREEN
kZm
KIANO JONES
LIPSTORM
YURIKA
ちゃんみな
Zeebra
jinmenusagi
DABO
MATO
MonyHorse
PETZ
JNKMN
BES
CHEHON
いやありえねーでしょ。こんなメンツ集まることあんの。奇跡すぎる。
新から旧まで、バトラーからネットラッパーまで。男も女も。
タイプライターという人もYMGという人も存じ上げなかったんですが、そんなリキある人だったんだな。

13曲収録されているんですが、ラッパーが違えば色も違うし、ほとんどの曲がマイクリレー形式なので曲の中でも変化があるし、本当に聴いてて飽きない作品です。
ラッパーのメンツだけじゃなくて、その中でも誰と誰が同じ曲というコラボのメンツもすごく面白い。

MACCHO×SEEDA。トラックも男らしいクールなもので、二人のエモーションがさく裂してる名曲。目頭が熱くなりますね。

Jinmenusagi×Zeebra。最新のスキルと貫禄のスキル。この二人が共演してる曲"Puzzle Rings"はこの作品の中でもトラップ系のビートだったりかなり異色な出来でかなり気に入ってます。二人ともかっこよすぎる。Jinmenusagiのリリックが脈絡なさ過ぎて面白い。

LIPSTORM×YURIKA×ちゃんみな。フィメール3人によるマイクリレー。
女性の声とこういう躍動感あふれるトラックってすごく合いますね。最後にちゃんみなが全部持って行ってる気がするけどね。近々ちゃんみなのアルバムも聴こうと思ってます。楽しみ。

他の曲でもケミストリーが起きまくってて、日本語ラップが好きな人にはもちろん、「どんな音楽なの?」という初心者にもおすすめです。しいて言えばちょっと音質がよろしくないのが欠点。
2017年現在、日本のヒップ・ホップがどういう状態になっているかを知るという意味では今年最重要作かもしれないです。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する