Ed Sheeran / ÷

divide.jpg
3rd、2017年、イギリス
ポップ



<アルバムについて>
前作「X」(2014年)でグラミー賞の最優秀楽曲賞を受賞、その後もJustin Bieberへの楽曲提供などで世界的な成功を確固たるものにしたイギリスのシンガー・ソング・ライターの通算3枚目となるアルバム。「Divide」(割り算)というタイトルが示す通り、多様なタイプの曲がずらっと並んだカラフルな作品に仕上がっている。
AllMusic(ライター):7/10
AllMusic(リスナー):7/10
NME:4/5
Pitchfork:2.8/10
RollingStone:4/5


クオリティの暴力
PitchForkの評価低っ。びっくりしたわ。まあ確かにPitchfork受けはしないだろうなあ。
でも日本のお茶の間でも受け入れられるようになり、全世界で大成功、"Thinking Out Loud"はYouTubeで10億回以上再生されているわけで、いいアーティストなのは間違いない。
前作「X」を聴いて思ったことの繰り返しになりますが、とにかくいい曲を書くねこの人は。これだけ世界中の人に受け入れられるポップ・アイコンって本当に一握りの人間しかなれないわけで、そんなに顔もよくなければおしゃれなわけでもない彼が受けているのは曲以外に考えられない。

世間的には大ヒットしてるのは”Shape Of You”。
個人的にはStormzyとのコラボ動画がすごくよかったので貼っておきます。かっけえ。


でも僕が一番好きなのは"Castle On The Hill"。
自分の幼少時代の思い出をそのまま曲にしたような、ストレートにエモい曲。エドの歌唱も伸びやかで申し分ない。
そんな過去の思い出が今に繋がっていくCメロの展開が熱い。ヤバスギル。

それをそのまま映像化したこのMVも素晴らしい。
ベタベタなんだけど、それを圧倒的クオリティでやられてしまうというのは「ラ・ラ・ランド」と一緒です。音楽通の意見?いったん置いとこうよ。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する