3月のライオン 前編

3gatsunolion.jpg
2017年、138分、日本
監督
大友啓史(「プラチナデータ」「ミュージアム」)
出演
神木隆之介(「桐島、部活辞めるってよ」「バクマン。」「君の名は。」)
有村架純(「何者」「ビリギャル」)
倉科カナ(「みなさん、さようなら」「遠くでずっとそばにいる」)
染谷将太(「悪の教典」「バクマン。」)
清原香耶
佐々木蔵之介(「少年H」「エヴェレスト 神々の山嶺」)
前田吟(「パッチギ」「のぼうの城」)
高橋一生(「シン・ゴジラ」)
伊藤英明(「喰女ークイメー」「悪の教典」)
豊川悦司(「12人の優しい日本人」「今度は愛妻家」「後妻業の女」)
ほか


<映画について>
羽海野チカの大ヒットコミックを、「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督&「バクマン。」「君の名は。」の神木隆之介主演で実写映画化する2部作の前編。幼い頃に交通事故で両親と妹を亡くし、父の友人である棋士・幸田に引き取られた桐山零。深い孤独を抱えながらすがりつくように将棋を指し続けてきた零は、中学生でプロ棋士の道を歩みはじめる。しかしある事情から幸田家での居場所を失い、東京の下町でひとり寂しく暮らしていた。そんなある日、和菓子屋を営む川本家の三姉妹と知り合った零は、彼女たちとの賑やかで温かい食卓に自分の居場所を見出していく。零のライバルで親友の棋士・二海堂晴信役を染谷将太が特殊メイクで演じるほか、有村架純、佐々木蔵之介、加瀬亮ら豪華キャストが結集。
Yahoo!映画:4.1/5
映画.com:3.7/5
Filmarks:4.2/5
みんなのシネマレビュー:5.33/10

キャスティング大正解。
久々に新作映画を見てまいりました。就活やだ。
「3月のライオン」は、合宿免許で通っていた教習所で途中まで読んだ作品で、非常に気に入っておりました。そこから全然読んでないんだけど。
10年も連載していることや、あの「ハチミツとクローバー」と同じ作者だとは知りませんでした。
原作は非常に細かいところまで気遣いが行き届いた、「暖かい」作品であるという印象でした。そしてその雰囲気は映画にも生かされていると思います。

あの対局中のお菓子タイム対決(見た人ならわかるはず)は映画オリジナルらしいですが、原作にあってもおかしくない。
むしろ原作の方がもっとギャグパートというか、ツッコミがもっと細かく入ってる印象です。そのあたりアニメでは非常に忠実に再現されていましたが、さすがに実写では控えめに。正解だと思います。そのあたりのバランスのとり方はうまかったです。

あと再現度という話で言うともうキャスティングがサイコーすぎる。漫画の実写化っていつも「驚異の再現度!」ということが話題になりますが、もうこの映画はこのキャストでしか考えられない。
とくに神木隆之介と佐々木蔵之介の「介介コンビ」が最強すぎる。
これは原作ファンも納得なんじゃないですか。

あと先生役の高橋一生がツボ。というか僕この人ツボです。「シン・ゴジラ」のあの役も大好きだったし。声がめっちゃ好き。「カルテット」という人気ドラマに出てたらしいので見てみたい。そっちもすごくいいらしいじゃん?

でもやっぱり前編ということで見る側も「ここじゃないよな、盛り上がりは」とかという無用な身構え・感動のセーブをしてしまって、いまいち盛り上がれずに終わってしまったのは事実。
それでも染谷将太が体を張って演じた二階堂くんのあのシーンとか、佐々木蔵之介VS伊藤英明の最強対決とか、泣いてしまったシーンもいくつも。年齢と涙脆さは比例するね。
でもとにかく後編に対する期待ばかりが膨らんでいく前編でした。よかったよかった。

「日本の伝統文化を題材にしたいい青春映画」つながりで「ちはやふる」も見たくなりました。見てないんだよなあ。
あー「チア☆ダン」も見たい!!

日本の青春、いいよな。「ハルチカ」は好きになれなかったけど(根に持つ)。

音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する