Rag'n'Bone Man / Human

human.jpg
1st、2017年、イギリス
ソウル / ブルース

"Human"


<アルバムについて>
Brit Awardsで新人賞受賞、アルバムは全英チャート初登場1位、10年代において最も速くプラチナディスクを獲得した男性アーティストとなった大型新人のデビュー作。
NME:8/10
AllMusic:8/10


人を見た目で判断しちゃいけないよ。
大柄な体にもじゃもじゃのひげ、そして腕にはタトゥー。ハードコア・バンドのボーカルだと言われれば秒で信じてしまうようないでたちの彼ですが、やってる音楽のふたを開ければ、優しい世界です。
ソウルフルな歌声はさながら「男版Adele」といった雰囲気。

温かみのある、親しみのある、聴き手を包み込むようなメロディは陳腐なのかもしれないが、この時代に聴くと新鮮である。
"Arrow"ではその広い声域をフルに生かし、ディスコチューン的なサビからダークで荘厳なヴァースまでを見事なまでに歌いこなしている。あっぱれである。
またラッパーとしてキャリアをスタートさせたという彼(もしくはゲストラッパー?詳細は不明、でも明らかに声が違うものも)のラップもあったりと、ヒップ・ホップへの目くばせも忘れないあたりが非常に2017年らしい作品ではないかと。

Ed SheeranStormzyにこのRag'n'Bone Man、イギリスからいい作品が多く届いていて、うれしい限りである。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する