A Tribe Called Quest / Midnight Marauders

midnightmarauders.jpg
3rd、1993年、アメリカ
ヒップ・ホップ

"Award Tour"


<アルバムについて>
前作「The Low End Theory」(1991年)の成功を受けて一気にニュースクールの旗手となったATCQが1993年にリリースした3rdアルバム。彼らのキャリアの中で最大のチャートアクションを得た"Award Tour"収録。
AllMusic(ライター):10/10
AllMusic(リスナー):10/10
NME:7/10


リピート必至のヒップ・ホップ
いや~チルい。チルアウトに最適。一人の時間に聴きたい、大人の味わいあるヒップホップ。ヒェーヒェー。
Q-Tipの流れるようなフロウと、Phife Dawgのがさつながらガッツあるラップ。二人のMCが乗るビートは、非常に音質のバランスが取れていてとにかく聞いていて気持ちがいい。
こういう元ネタってどうやって探してくんの。ねえ。

あとリリックをチラ見して意外だったのが、結構「オラオラ」してること。
「俺たちのスタイルが一番でしょ」っていうボースティングが結構そこかしこに見られて、意外とそこはきちんと誇ってるんだなというのが驚きでした。
謙虚であってほしかったわけではないけど、きちんとヒップ・ホップしてるなという。

とにかく音質から何から何まで上質な、何度でも聞きたくなるようなアルバムでした。万歳!


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する