Omar Rodriguez-Lopez / Roman Lips

romanlips.jpg
40th、2017年、アメリカ
オルタナティヴ・ロック / プログレッシヴ・ロック

"Roman Lips"


<アルバムについて>
とにかく多作なことで知られるAt The Drive-InThe Mars Voltaのギタリスト、Omar Rodriguez-Lopezによる通算40枚目(!)のソロアルバム。2017年第1弾であり、この後にも今年に入ってからだけでこれを含め8枚のアルバムをリリースしている。

ありがたみゼロ、カッコよさ満点
昨年後半に12作連続リリースという人間離れした多作っぷりを発揮していた彼が、今年も12作連続リリースをやるということで。全部聴いている人が地球上に何人いるのかという疑問はさておき、すごいバイタリティですよね。
しかも決して(このアルバムだけを聴く限り)つまらない音楽をずっとやってるわけではなさそう。もともとヘンテコな音楽をやってるわけだから何でもありっていうのも強みだよなあ。なにやっても批判されないわけで。

でも基本的に浮遊感ある彼の歌声とギタープレイで唯一無二の彼の世界を作り上げてる。
ドラムがすごくかっこいい。意味わからんパートたくさんあるし。手数多いドラムはかっこいい。

でもこれだけたくさんある作品の一つですよ、と言われるとあんまり一生懸命聞く気も失せるし書く気も失せるな。ありがたみがないというか。
すごいんだよ?すごすぎるんだよ?でもどうやって曲作ってんだよ。人工知能でも使ってんじゃないの?
・・・と思ったらどうやら録りためてたみたい。でもそれは去年の連続リリースのことなのかな?よくわからんです。
「引くほどの名曲が紛れてたらどうすんだよ!!」という気持ちでいっぱいです。

でもThe Mars Voltaにガツンと頭やられてる身としてはやっぱ彼の音楽は聴いてて心地いいです。どこに連れてかれるかわかんない感じがたまらんのです。これからももしランダムで引いてしまった場合はきちんと聞いてみよう彼のソロアルバム。だってまだまだ出るんでしょ。可能性はあります。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する