トゥルー・ロマンス

trueromance.jpg
原題:True Romance
1993年、121分、アメリカ
監督
トニー・スコット(「トップ・ガン」「クリムゾン・タイド」)
出演
クリスチャン・スレイター(「ニンフォマニアック」「告発」)
パトリシア・アークエット(「6歳のボクが、大人になるまで。」「ロスト・ハイウェイ」)
デニス・ホッパー(「ウォーターワールド」「スピード」)
ヴァル・キルマー(「トップ・ガン」)
ゲイリー・オールドマン(「ダークナイト」「レオン」)
ブラッド・ピット(「バベル」「ファイト・クラブ」「セブン」)
サミュエル・L・ジャクソン(「キングコング:髑髏島の巨神」「パルプ・フィクション」)
ほか



<映画について>
激しい恋に落ちた男女の危険な逃避行を描いたバイオレンスアクション。『パルプ・フィクション』『ジャンゴ 繋がれざる者』などのクエンティン・タランティーノが脚本を担当し、『トップガン』などのトニー・スコットが監督を務める。極限状況を生きる主人公カップルを、パトリシア・アークエットとクリスチャン・スレイターが熱演。さらにデニス・ホッパー、クリストファー・ウォーケン、ゲイリー・オールドマンといった豪華キャストが脇を固める。クラレンス(クリスチャン・スレイター)は、勤め先の店長が誕生日祝いに差し向けたコールガール、アラバマ(パトリシア・アークエット)と恋に落ち、すぐに結婚する。彼女のヒモと話をつけに出向いたクラレンスは成り行きで男を殺してしまい、あわてて持ち帰ったカバンの中には大量の麻薬が入っていた。麻薬を売り金を得ようとする二人に、マフィアと警察が迫り……。
Yahoo!映画:4.14/5
Filmarks:4.0/5
みんなのシネマレビュー:7.31/10
IMDb:8.0/10
Rotten Tomatoes:92%

生き残るものは何か
観ながらタランティーノっぽいなーと思ってたら案の定タランティーノ脚本。バッドエンドのはずが監督のごり押しで結末を捻じ曲げられたとか。笑
「パルプ・フィクション」に通じる小気味良さがあります。暴力まみれなのにこれほどまでに爽快なのはなぜか。そこにタランティーノの魅力があふれ出ている。この作品が「パルプ・フィクション」ほど知られていないのが解せない。Filmarksだと1/4のマーク数。

キャッチコピーの「獰猛な愛だけが、生き残る。」がすべてを表していると思います。この若いカップルだけが、周りの騒動を気にしないかのように堂々と愛し合い、飄々と生き残っていく。その姿があまりにも爽快。

それにしてもブラピのジャンキー姿が愛おしい。ああいうジャンキーいるもんなー(カナダに留学していたスーパーエリートなのでわかること)。
エルヴィス・プレスリー、ピンク(紫)のキャデラック・・・「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」を思い出さずにはいられない。
そして何よりハンズ・ジマーによる音楽がいいですね。松本人志と高須光聖によるラジオ番組「放送室」のオープニングテーマにもなってるのが聞いたことがある人も多いはず。

そして「ソナチネ」もびっくりのバイオレンス描写。すごいですよ。パトリシア・アークエットがモーテルの一室で繰り広げる惨劇は狂気の賜物。素晴らしい。

海辺での幸せそうなラストシーンは「ワイルド・スピード SKY MISSION」を思い出しました。きれいだ。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する