打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

uchiagehanabishitakaramirukayokokaramiruka.jpg
1993年、45分、日本
監督
岩井俊二(「リップヴァンウィンクルの花嫁」「花とアリス」)
出演
山崎裕太(「青い春」)
奥菜恵(「呪怨」)
ほか



<映画について>
「Love Letter」「スワロウテイル」の岩井俊二監督が、フジテレビのドラマ枠『ifもしも』のスペシャル版として製作した、打ち上げ花火を巡って繰り広げられる少年少女の夏の一日を、瑞々しくも郷愁あふれるタッチで綴った作品。小学生最後の夏休み。その日は学校の登校日で、夜には花火大会が行われる。プールでは典道と祐介が50mを競おうとしていた。そこに、二学期には転校してしまうなづながやってきた……。
Yahoo!映画:4.06/5
Filmarks:3.7/5
みんなのシネマレビュー:7.41/10

20代になってから見てよかった
いやー10代のころ見てたら間違いなくこじらせてました。
ドラマの方の「モテキ」では満島ひかりがこのドラマの聖地巡礼をしている「こじらせ系処女」を演じていましたが、僕もああなっていたかもしれない。
でも今でも十分童貞こじらせてるんですけどね。もっと重度だったかもしれない。
すべての男子の原風景がこの一本に詰まってる、とか言いたくなるほどのノスタルジーを45分で浴び続けてしまう、そんな作品でした。

とにかく奥菜恵がかわいすぎる。最初に映った瞬間から「あ、こいつヒロインだ」とわかってしまう絶対的可愛いさ。かわいいかわいいかわいい。同級生という設定には無理があるものの。
それに尽きる。

で、ですよ。
なんとこの作品が今夏アニメ映画化されるというじゃありませんか。脚本・大根仁、主演・菅田将暉、広瀬すず、プロデューサー・川村元気。
君の名は。」の次を狙ってる感が否めない。予告編はこんな感じ。

え、中学生・・・?もしかして高校生・・・?
これその年頃の話にしちゃったら打算的な感じになっちゃうよ・・・小学生だから許される恋模様なのに。その辺をどうクリアしているのか、もしくはしてないのか、これは要チェック。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する