Lenny Kravitz / Are You Gonna Go My Way

areyougonnamyway.jpg
3rd、1993年、アメリカ・ニューヨーク
ブルース / ソウル / サイケデリック・ロック

"Are You Gonna Go My Way"


<アルバムについて>
邦題「自由への疾走」。60年代~70年代のロックをリスペクトしたサウンドが全世界で大ブレイクし、グラミー賞にノミネート。表題曲はCMなどで数えきれないほど使われ、日本人に最も親しみのあるギターリフの一つである。
AllMusic(ライター):9/10
AllMusic(リスナー):8/10
Rolling Stone:3/5


2曲め以降こそよい!!!!
ま~た最近も懲りずにこの曲を使ったCMやってましたね。ビックリしたわ。と同時に腹が立った。未だにこの曲をCMに使おうと考える輩がいて、しかもそれが会議で通っちゃうの?っていうのが。24年前の曲よ?それをいまさら「どうだ!かっこいいだろ!」と言わんばかりにCMで使われても。バカじゃないのかな?日本の会社は。
まあ当然そんなCM打つ会社だから名前も覚えてねーけどさ。ほんとにほんのこういう古いバカなセンス嫌いだわ。ふぁっく。

ということでね、いきなりネガティヴなヴァイブスで始まってしまいましたけども。
曲として聞いたらかっこいいんですよ。そこは認めてますので。それをCMにいまさら使うバカがセンスないだけで。

しかしアルバム通しては初めて聴きましたがめちゃくちゃかっこいいじゃないの。
やっぱ黒人なんですね。ジミヘン愛、黒人音楽愛を非常に感じる一枚。有名な表題曲こそゴリゴリのハード・ロックですが、そのほかの曲はもろにサイケ。根底にレゲエの雰囲気を感じさせる非常に黒人らしいロックが満載でございます。
これ聴きながら吸ったらサイコーだろうなあ・・・だなーんて。

完全に1曲目だけ浮いてますね。それ以外の曲の方が彼の本領発揮って感じでサイコーなんですけどね。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する