焚巻 / LIFE IS WONDER

lifeiswonder.jpg
1st、2017年、日本
ヒップ・ホップ

"トウキョウジャズ feat. 輪入道"


<アルバムについて>
池袋をRep、HUMAN MUSIC、NewJackSkillzにも所属している焚巻の、ソロ名義では1枚目となるフルアルバム。ゲストには輪入道が参加。「フリースタイルダンジョン」組最後の大玉、ついにアルバムをドロップ!


待望、そしてさらに次に期待。
「フリースタイルダンジョン」で番組史上初めてラスボス般若を引きずり出した池袋のラップジャンキー、焚巻。
その後なぜか彼ではなくCHICO CARLITOがモンスターに昇格したり、そのほか多くのラッパーがあの番組で脚光を浴びて音源をリリースする中、(モンスターズウォーとか隠れモンスターとしての番組出演はあったものの)あまり表立った活動が見えてこなかった彼が、このタイミングでファーストアルバムをリリース。待望!!

彼の持ち味は独特の声と粘っこくもスピーディなフロウ。少しでも聞けば一瞬で彼とわかるラップがとにかく魅力的です。
内容とかよりもまずラップの見栄えの良さが光るラッパーなので、バトルよりも音源で栄えるラッパーだろうなあとずっと思っていたので、アルバムを作ってくれたのがすごくうれしい。フリースタイルなんかすぐブーム終わるんだからさ。

ジャズを基調としたムーディで煌びやかなトラックが多く並びます。彼のフッドである池袋という町の持つ猥雑さが表れているようにも聞こえます。
アップテンポな"Yentown Joke"のような曲で彼のラップが爆発するのは予測済みでしたが、チルアウトにぴったりなこういうトラックでも彼のラップがさく裂してるのは予想を軽く超えてきてる。

彼のラップって、一文字一文字の爆発力がすごい。小さいねずみ花火が、音の上でぱちぱちと音を立てて次々と炸裂していく感覚。
トラックも軒並みかっこいいし、ラップは文句なしのオリジナリティを確立してる。だからこそ9曲27分は短すぎる。もっともっと聞きたくなる。中毒性があるんだ、彼のラップには。

音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する