The Beatles / Please Please Me

pleasepleaseme.jpg
1st、1963年、イギリス
ロックンロール / ポップ

"Please Please Me"


<アルバムについて>(ディスクガイド本『GUITAR POP definitive』より)
リヴァプールからモブ・フォーによるペコペコのリズム・ギターで始まるヴェンチャーズもどきの「I Saw Her Standing There」からアイスレー・ブラザーズに比べて語尾をやたらと引っ張るレイジーな「Twist And Shout」まで。騒々しいなかにも憂いや希望が満ちていた。優しいメロディでも破裂気味に歌い、1作目から3分の2がオリジナルというのがやはり強かった。

<他ブログ記事>


満を持して登場、ザ・ビートルズ!!!
泣く子も黙るビートルズ、である。しかもデビュー作。運良く1963年リリース。
全然聴いたことなかったのよ、ビートルズ。
ビートルズマニアという人種は一定数いて、記念版やリマスターが出るたびに喜んで買い求め、音質の違いや未発表の音源に一喜一憂を繰り返してるわけだけど、完全に後追いとなる僕らの世代以降、同じような熱量でこのバンドを追いかける人たちが出てくるとは思えない。そういう意味では長生きしてほしいなあ。
 
というわけで僕はビートルズの歴史やメンバー間のあれこれには今の所興味を持てなくて、まず音楽だけを聴いてみよう、という段階。ひよっこもひよっこですが、まあおつきあいくだされ。
 
一聴してまず耳に入ってきたのは、弾けるようなロックサウンドである。
同時代のアルバムまだ数多く聴けているわけではないけれども、この時代にここまで弾けた音楽を鳴らすことができたのはやっぱり驚きだったのでは、と思う。
ポップやジャズ、ソウルとは明らかに違い、明らかに騒がしいサウンドが元気よく耳に入ってくる。そのエネルギーは一聴しただけで今もなお伝わってくる力強さを持っている。
 
と同時に、隙のないアレンジセンスが光る。”Misery”でいきなり聞こえてくるピアノのフレーズなんかは鳥肌もの。
コーラスの入れ方もよい。
これだけ「ロックだ!」と書いておいて何なのだが、良質なポップ音楽を作る才能が備わっていたのだろうか、ただ騒々しいだけではない普遍性はポップス由来である。
いいアレンジは曲の寿命を延ばすのだろう、ことさらポップミュージックにおいては。
 
僕たちが勘違いしがちなのが、The Beatlesがいきなり音楽の世界にやってきて、全てを塗り替えてしまったという幻想だ。
もちろんそういう側面もあるだろうけれど、文化というのは前後の文脈がなければ成り立たないもので、彼らがまた影響を受けた音楽というものも存在するものだ。
今の僕にはカバー曲からそれをうかがうことしかできないのだが、女性ボーカルのコーラスグループが多いのが印象的。
サウンド自体は革新的だったけど、実はかなり普遍的なポップセンスを持っていたことの証拠であろうか。皆が何を聴きたいのか、彼らにはわかっていたのかもしれない。

現在まで続くロックンロールの歴史が始まった、歴史的意味合いの強いアルバムだけど曲自体の輝きも全然失われていない。いいアルバム。いぇいいぇい。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する