The Beatles / With The Beatles

withthebeatles.jpg
2nd、1963年、イギリス
ロックンロール / ポップ

"Please Mister Postman"


<アルバムについて>
1st「Please Please Me」から9か月後にリリースされた2ndアルバム。8曲のオリジナル、6曲のカバー曲が収録されている。ジョージ・ハリスンが初めて作曲を手掛けた"Don't Bother Me"も収録されている。
<他ブログ記事>


2枚目にして毛色が違う
これまで一度も聴いたことのない有名バンドのアルバムを、たった1週間の間に2枚も聴くというのもなかなか新鮮な体験。
まあ次いつこの旧譜特集で60年代を引けるともわからないし。

1stである「Please Please Me」を聴いた時に印象に残ったのはポップセンスとアレンジセンスの良さ。
それに比べてこのアルバムは比較的シンプルなロックンロールを鳴らしている印象。
ここからさらにどう変わっていくのか聴くのが楽しみ。順番通り聴けるかわかんないけど。


冒頭の「Yeah」の掛け合いが楽しい。


アップテンポのロックチューン。かなりテンポ早い。


Chuck Berryのカバー曲。ロカビリーっぽさは失われてるけどなかなかいい味。

有名な曲がないということでなんだか影が薄い雰囲気のアルバムなのかもしれないけど、楽しんで聴けました。よかったー。


音楽・映画・本の感想をほぼ毎日更新中。Feedlyでの購読をお忘れなく! 
follow us in feedly 
↑クリック↑
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する